生理前 育児 イライラ 対策

生理前に育児でイライラする対策方法はないの

 

婦人科では臨床心理士がカウンセリングを行ったりして治療に役立ててくれる先生もいます。

 

よく話を聞いてくれる婦人科医にかかってみてその後先生を紹介してもらうというのもあれだと思います。

 

PMSという名前は知らなかったのですが、生理の前に急にわがままになってイラっと肖像画をしたり理性で抑えられなくなるということを繰り返してきました。

 

ホルモンバランスの変化がPMSという症状こうして起こしているとは知らなかったです。

 

それで口論になりがちなので今は近づかないでね。

 

というようにしています。

 

女性ホルモンと感情にはどんな関係があるんでしょうか。

 

PMSを起こす女性

は黄体ホルモンが総体的に不足していることがわかっています。

 

黄体ホルモンが不足するとセロトニンの分泌が減ってしまうことやセロトニンの消費量が増えること物少女はイライラ症状喉が出てくると考えられています。

 

それ以外に仕事に忙しくて睡眠時間が少なかったりストレスを抱えていると生理前症状の悪化が懸念されていてこれは脳の視床下部が影響を受けているからだといわれています。

 

若い頃はそうではありませんでした。

 

 

ら20歳になってからPMSに突如悩まされるようになりました。

 

これまでは多少腹痛がするぐらいだけだったのに最近では涙を流したりイライラしたりするようになりました。

 

そして薬をかと思う様な落ち込み方をします。

 

婦人科に行った事もあるのですが、心療内科に行くように勧められてその後は入っていません。

 

PMSのことを知っている心療内科の先生と知らない先生は持病で知っている先生の所に行きたいと思っています。

 

すぐ薬で何とかしようとする医者と解決方法をしたふら誘って行こうという医者がいるようです。

 

日本では生理前症候群があまり知られていないので心療内科の先生であってもPMSを知らないかと思います。

 

贈与場合は婦人科に受診してPMSについて詳しく知っているお医者さんを紹介してもらう必要があると思います。

 

どうやってうつ病とPMSを開けたらいい

のでしょうか。

 

PMSは月経前だけ悪くなってうつ病の場合はいつでも悪い状態が続きます。

 

そして生理前になるとさらにその状態が悪くなります。

 

うつ病の場合食欲が低下しますが、PMSは食欲が亢進して食べ過ぎてしまうことが多いです。

 

行動についてもうつ病の場合は全体的に抑えられてしまいますが、よく動き回るようなPMSの方もいます。

 

睡眠は眠れなくなって早朝に目が覚めるうつ病の方に対してPMSの場合は日中でもまどろんでしまうことが分かっています。

 

性格が変わるほどイライラしたり情緒不安定になったり些細なことでブチ切れて後で反省してそれがまたつらかったそれから体調不良で漢方薬局に行って漢方飲むになってイライラが治ってきました。

 

ピルが強い方が漢方薬を飲んでみても良いのではないでしょうか。

 

体にアウトかなり症状が良くなりまし健康保険が使える漢方専門病院奈良治療費はそれほど高くつくわけではありません。

 

漢方で治療を受けたい場合は婦人科でも希望すれば漢方薬を保険内で処方してもらうこともできます。

 

PMSでは加味逍遥散呉茱萸湯などが使われます。

 

漢方薬はその人の体質によって合うか合わないか決まっていて会わないと全く効果がありませんが、あればかなり効果がありますので、自分で選ぶよりも医者の処方を受けた方が良いと思います。

 

参照元:生理前のイライラ対策サイト


ホーム RSS購読 サイトマップ