噛めない 飲み込めない 高齢者 食事

噛めない・飲み込めない時の高齢者の食事調理方法

噛めない飲み込めない時の食事調理方法

 

咀嚼・嚥下能力が低下した高齢者の場合は食事が苦痛になってしまいます。

 

噛めない・飲み込めない時の高齢者の食事調理方法

 

本来食事は楽しいことですので楽しく食事が食べられるようにするにはどうしたらいいでしょうか。

 

高齢者が楽しく食べられるようにするにはまず
飲み込みは食べやすさを重視した食事作りをすることが必要です。

 

食べやすくする工夫については後で紹介しますが、栄養補給をしっかり行うことで元気も出ますし、食べる楽しみも増えます。
そして料理だけではなく盛り付け家族との楽しい会話なども高齢者の食べる楽しみを増やします。

 

そこでここからは食べやすくする調理方法について紹介していきたいと思います。

 

 

食材にとろみをつける

高齢者だからといって常に柔らかいものばかりは食べることはあまりお勧めできません。

 

実は本来重要なこと唾液を促す作用や消化の分泌を良くしたりして
適度に歯ごたえがあるものを食べることが健康な生活にとっては必要なことです。

 

そして誰も刺激というのは脳の働きを活発にさせてくれるので
認知症予防するという面でも適度に柔らかい固いものを食べることは重要です。

 

しかしそれには例外もあります。

 

高齢者の中には脳卒中などの後遺症で物が飲み込みづらい
嚥下困難を抱えていたり虫歯や歯槽膿漏などの歯周病で物が噛めないなどの病気があることがあります。

 

そういった場合は消化吸収の良い食べ物を作り調理の仕方を工夫して柔らかくする必要があります。

 

 

噛む力に問題がある場合

問題がある場合はどのぐらいの
形の物は食べられるのかを見て判断していく必要があります。

 

調理の仕方としては炒めたり焼いたものが硬くなる傾向にあるような
角煮たり蒸したりしたものが食べやすい傾向にあります。

 

物が噛めないという症状が軽度の場合は少し柔らかさを残す程度に料理押し上げます。

 

物が噛めない場合は千里口で食べ物を押しつぶせるやわらかさに調理します。
よくきざみ食は歯がない人に食べやすく良いといわれていますが、
実際には多少の厚みがあった方が口の中で潰しやすかったりします。

 

食材を細かく刻んでしまうとかえって食べづらくなったり誤嚥を起こしてしまったりするので
下ごしらえの段階で工夫し野菜を柔らかく数字を取ったり叩いたりするなど工夫してみてください。

 

 

嚥下障害がある場合

障害がある場合は物がカメラにといった状態とはまた別の食事を用意する必要があります。

 

健康的な事ながものを食べるとガンダムの自然と食べ物を喉の方に送りごっくんとする嚥下反射が起こります。

 

しかし高齢で認知機能に障害があったり脳卒中の後遺症などで嚥下障害が起こると物を喉飲み込むことを送り込むことができなくなり嚥下反射も遅くなってしまいます。

 

そうすると飲み下すことができないタイミングがずれて見せるなどのトラブルが起こります。

 

このように物が飲み込みにくくなっている状態を嚥下機能の低下といい食べるものを工夫しないと誤嚥性肺炎など起こして危険です。

 

 

飲み込みにくい方の食事の工夫
方法飲み込みにくい方が飲み込みやすくするにはどんな工夫があるんでしょうか。

 

まず嚥下機能が落ちている場合は食材に生クリームが油を混ぜるなどで
柔らかくしたり片栗粉や増粘多糖類などを使って滑りが良くなり飲み込みやすくするようにします。

 

食宅便のサイト


ホーム RSS購読 サイトマップ